PROFILE

水野 彰子 (みずの しょうこ)ピアニスト

 

愛知県名古屋市出身。3歳よりピアノを始める。

愛知県立明和高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。

同大学院修士課程音楽研究科器楽専攻室内楽研究分野を首席で修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞を受賞。

室内楽ピアニスト、声楽伴奏・合唱伴奏など、アンサンブルピアニストとして活動。

 

2014年藝大「馬車道コンサート(室内楽)」、2015年藝大「芸大生による木曜コンサート」出演。

2015年ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン出演。

2016年、2017年宮崎国際音楽祭出演。小泉純一郎氏、徳永二男氏、福井敬氏、古部賢一氏、高橋維氏等と共演。

2017年いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭出演。

 

新国立劇場合唱団の稽古、および公演ピアニスト。新国立劇場合唱団、合唱指揮の三澤洋史氏、冨平恭平氏と共に2014年より文化庁「文化芸術による子供の育成事業」の地方巡回公演に参加している。

 

合唱団「ハルモニア・アンサンブル」との合唱CDや教育芸術社CDレコーディングを行っている。

FM-NHK「リサイタル・ノヴァ」にてテノール歌手の宮里直樹氏と共演。

テレビ朝日「題名のない音楽会」にてヴァイオリニストの徳永二男氏、五嶋龍氏、三浦文彰氏と共演。

これまでに多くのオペラ歌手、又、弦楽器奏者や管楽器奏者と共演している。

 

 

BS-TBS「日本名曲アルバム」にEnsemble OASIS、harmonia ensemble、ドリームシンガーズのピアニストとして出演中。

これまでにピアノを志賀紀子、アレクサンダー・セメツキー、西川秀人、江口玲の各氏に師事。

室内楽を西谷牧人、有森博、小池郁江、迫昭嘉、東誠三、坂井千春、松原勝也、江口玲の各氏に師事。

 

 

Shoko Mizuno(PIANO) was born in Aichi . 

She graduated Aichi prefectual meiwa high school and Tokyo university of the arts as first of the list at chamber music program . 

She has played at many music festivals including  La Folle Journée au JAPON (2015)and Miyazaki  international music festival (2016/17) .

She also appeared on TV  Asahi's program "untitled concert " as an accompanist for Tsugio Tokunaga and Fumiaki Miura .

She keeps collaborating with a lot with opera singers and string players.

She studied with Noriko Shiga,Alexander Semetsky ,Hideto Nishikawa , and Akira Eguchi.

 

 



Contact

演奏依頼やお問合せは、こちらよりお送りください。

メモ: * は入力必須項目です